本文へスキップ


TEL.0283-22-1175

〒327-0014 栃木県佐野市天明町2719

羽子板・はまゆみ 

破魔弓・羽子板を飾る意義

 

 「破魔弓」とは、弓で魔を破るという意味があります。 浜辺の防塁に弓矢を置き,
襲来に備えた「浜べの弓」の史実もあります。
 これと関わる平安時代から伝わる「鳴弦の儀」は、弓の弦を強く弾き鳴らすことによって、
魔除け・邪気払いをするという大変意味深い儀式です。
 皇室でも、皇子様が誕生して七日目に「鳴弦の儀」がおこなわれます。
このように、縁起物として伝えられてきた弓と矢をくみあわせたものが、現代の「破魔弓」
の基になっているのです。

 「羽子板」と聞くと頭にうかぶのは「羽つき」でしょう。室町時代には「胡鬼の子勝負」
といい、正月の年占いとして、末広がりの形をした羽子板で羽根をつき、その年の平安を祈願
したといわれています。
やがて、その羽子板に美人画などがえがかれるようになり、江戸後期からは、押し絵の技法を
取り入れて現代の形になりました。
 
 破魔弓も羽子板も誕生して初めて迎えるお正月に向けて贈られます。旧暦の十二月から
一月の間は十二支による暦のうえで、「丑・寅」にあたり、いわゆる「鬼門(よくない結果
が起こりやすい時)」の時期なのです。つまり破魔弓や羽子板には、その時期を生命力の弱い
赤ちゃんが無事に通過できるようにという願いがこめられているのです。

 なお、新暦では、十二月中旬から一月十五日くらいまでお飾りするのが、一般的なようです。

              ◆ 日本人形協会「破魔弓・羽子板を飾る意義」より抜粋


   

スタッフ写真

shop info.店舗

藤沼人形本店

〒327-0014
佐野市天明町2719
TEL.0283-22-1175
FAX.0283-22-7225

→アクセス


当店はさのまるサポーターズのメンバーです。


佐野メディア様