本文へスキップ


TEL.0283-22-1175

〒327-0014 栃木県佐野市天明町2719

五月人形・よろい兜 

「五月人形」を飾る意義


 五月人形を飾る端午の節句は、緑色のもうせんなでで室内に神聖な場所を作って、赤ちゃんを守ってくれる武者人形や鎧兜を飾り、お供えものをして願い事をします。
「健やかに育ち、将来、立派な人間になるように」と。

 日本では、奈良時代以前には五月五日に薬草を摘み災いを受けないように祈る風習が生れました。特に菖蒲は音が「勝負」または「尚武」に通じることから、武家の台頭とともに一層重要な年中行事となっていきました。

 江戸時代になると、武家では五月五日に男の子の誕生を祝い、武士の精神的な象徴である鎧兜や幟旗などわ飾って、その子の健やかな成長といえの羽根井を祈りました。やがて民間でもこれをまねて大きな作り物は当初、天の神様の目印となるように屋外に飾っていましたが、江戸時代中期以降、
幟旗以外は小型化したものを屋内にかざるようになりました。

 そして空を泳ぐ鯉のぼりには、たくましくどんな荒波をも乗り越え、人生の精工を願う気持ちが
込められています。だから、一人一人におくるのがよいでしょう。

 五月人形は、生れてきた男の子に対する、周りの人たちのあたたかな思いを形にしたもの。誕生をこころから喜び、健やかな成長と将来の幸せを願う「愛情のかたち」そのものなのです。

                    ※ 日本人形協会 「五月人形」を飾る意義 より抜粋 ※
   
   
   
スタッフ写真

shop info. 店舗

藤沼人形本店

〒327-0014
佐野市天明町2719
TEL.0283-22-1175
FAX.0283-22-7225

→アクセス


当店はさのまるサポーターズのメンバーです。


佐野メディア様